読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Λάδι Βιώσας

http://profile.hatena.ne.jp/kenkitii/

群青日和

椎名林檎東京事変というバンドで復活しました。デビューシングルは「群青日和」です。興味ない人にとっては「あー、あの看護婦コスプレしてた変な人ね」という認識かと思われますがまぁ話を聞いてください。

椎名林檎の1stアルバム「無罪モラトリアム」リリース当時の女性ミュージシャンの大半は、Avex系またはR&Bというジャンルで、そういった曲が主流&売れ筋でした。

昭和歌謡を思わせる曲調と、人間の葛藤や怒り、自己実現をテーマにした歌詞という、全く売れ筋を無視した「無罪モラトリアム」は、ヒネクレ者の僕の中では大ヒットしたわけですが、世間的にも椎名林檎がブレイクするきっかけとなったアルバムでした。

で、その後、2ndアルバムの先行シングルである「本能」という曲で、看護婦の格好をして出て来た時、個人的には
「曲は良いのに、相変わらず何を狙ってるのかわけのわからん歌手だ。。。」
という程度の印象だったんですが、これが自分の想像以上に世間では大ブレイクし、すっかり椎名林檎はコスプレというイメージが定着してしまいました。

さらに、テーマにしている歌詞の特徴から、尾崎豊のような若者の代弁者的な存在として捉えられることが多くなり、「椎名林檎=コスプレ」とも「椎名林檎尾崎豊」とも思っていない自分は人前では、椎名林檎好き、と言いづらい状況になっていきました。

って、あー愚痴を書くつもりじゃなかったんだ、群青日和の感想を書くつもりだったのになんで本能の話になってんだ。まぁいいや長くなるので続きはあした