読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Λάδι Βιώσας

http://profile.hatena.ne.jp/kenkitii/

vmware&ubuntuからwindows上のファイルを編集

linux

いきなりですがコーディングとかが詰まってくると、どうにも開発環境とかいじりたくなってきませんか?私はなります。その昔、試験の直前になると部屋の片付けをしたくなる、という悪癖がありましたけど、アレと同じ理屈だと思ってます。

そんなわけで、最近Python用の色々なエディタやIDEやら試してみたりしていたんですが、どれも一長一短で微妙な感じ。やっぱりガリっとUnix環境に移行するのが一番だよなあ、、と思ったんだけど、完全にWindows環境を捨てるほどの勇気(気合ともいう)はありません。

そこでアレコレ考えた結果、vmwareでやるのがらくちんで快適、という結論になりました(メモリ1GBは必須ですけど)。以下、備忘録も兼ねた作業記録です。

VMWare Player&VMWare用イメージのインストール

VMWare Player
http://www.vmware.com/download/player/
Ubuntu 6.06 LTS VMWare Image 日本語版
http://www.ubuntulinux.jp/download/
それぞれダウンロードしてインストール。しかし世の中便利になったなあ。。。長生きしててよかった。

Emacsとかいろいろインストール

ubuntuにはデフォルトでEmacsが入ってないので自分で入れる。

sudo apt-get install emacs21 emacs21-el emacs-goodies-el
sudo apt-get install anty-el
sudo apt-get install mule-ucs          ;; これをいれないとEmacsで日本語の入力が出来ない

pythonモードとか色々。

sudo apt-get install python-mode pymacs pycomplete semantic ecb ipython

さてここまでで、いちおうEmacsの環境は整いました。次に、Ubuntu上からWindowsの共有フォルダにアクセスするためあれこれ設定します。
とりあえず、Windows上の作業フォルダを共有フォルダに設定しときます。

smbfs、autofsのインストール

sudo apt-get install smbfs autofs

autofsの設定はこんな感じ。Windowsの共有フォルダを、ubuntuの/mnt/wkにマウントしてます。

kenkiti@ubuntu-desktop:~$ cat /etc/auto.master
/mnt    /etc/auto.mnt
kenkiti@ubuntu-desktop:~$ cat /etc/auto.mnt
wk  -fstype=smbfs,rw,username=kenkiti,password=hogehoge,uid=1000,gid=1000  ://hostname/share_folder

設定が終わったらautofsを起動して、ついでにホームディレクトリにシンボリックリンクを作成します。

sudo /etc/init.d/autofs restart
ln -s /mnt/wk ~/

以上で、ubuntuからWindows上のファイルを自由にいじれるようになりました。スコブル快適です。これでやっと、cygwinを捨てられる。。。