読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Λάδι Βιώσας

http://profile.hatena.ne.jp/kenkitii/

Titanium のコードを保存したら自動リロードしてくれる elisp

Titanium を弄っていると、コード修正するたびに Titanium Developer の GUIに切り替えて Launch ボタン(buildする)押さなきゃならず、面倒くさいんですが、GUI なしで build できるようにする ruby スクリプトを書かれてる方がいらっしゃいました。

Titaniumのプロジェクトフォルダにbuild.rbを置いて、ターミナルから

ruby build.rb

サーバーが立ち上がるので、http://127.0.0.1:9090/run を叩けば、buildが始まります。
ターミナル上でログを見ることができます。

TitaniumのコードをGUIなしでエディタからすばやくbuildする on Ruby

こちらを利用して、emacs でファイル保存時に build できるようにしてみました。これ↓

(defun ti-send-run ()
  (setq proc (open-network-stream "titanium" nil "127.0.0.1" 9090))
  (process-send-string proc "GET /run HTTP/1.0\r\n\r\n")
  (sleep-for 1)
  (delete-process proc))

(defun reload-titanium ()
  (if (string-match "Resources" (buffer-file-name))
        (ti-send-run)))

(add-hook 'after-save-hook 'reload-titanium)

上のコードを.emacsに書いとけば、Resources 配下にあるファイルを emacs で保存したときに自動で build されます。

どーぞごりようください