読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Λάδι Βιώσας

http://profile.hatena.ne.jp/kenkitii/

VMware vSphere Hypervisor (ESXi 4.1) にアップグレードしました

おニューのマシンを買い、以前からやろうと思っていた ESXi 3.5 → 4.1 への移行をやっと途中まで終わったので、備忘録がわりに手順をメモ。あれこれ調べていたら、4.1からは USBパススルーという機能が追加され、ESXi ホストに接続してある USB機器を、ゲストOSから利用出来るようになったというのを知り驚愕いたしました。便利すぎておしっこ漏れた(30ml位)。あなたが神か・・・と言いたい気分です。あ、ちなみに作業環境は、Mac OS X v10.6 (Snow Leopard)。

ESXiインストール用 USB メモリの作成

ここらへんから VMware vSphere Hypervisor (ESXi) の ISO ファイルをダウンロードし、ISOファイルをダブルクリックしてマウントします。うちの環境では、/Volumes/ESXi-4.1.0-updat にマウントされました。

1GB以上のUSBメモリMacbook に挿入します。どのデバイスに割り当てられているか確認し(ここでは /dev/disk2)、アンマウントします。

/Users/kenkiti% diskutil list
/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *500.1 GB   disk0
   1:                        EFI                         209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            499.8 GB   disk0s2
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     Apple_partition_scheme                        *7.4 MB     disk1
   1:        Apple_partition_map                         32.3 KB    disk1s1
   2:                  Apple_HFS Flash Player            7.4 MB     disk1s2
/dev/disk2
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *1.0 GB     disk2
   1:             Windows_FAT_16 XPUSB                   1.0 GB     disk2s1
/Users/kenkiti% diskutil unmountDisk /dev/disk2
Unmount of all volumes on disk2 was successful

マウントしたISOの中にある imagedd.bz2 というファイルが ESXi 4.1 のイメージファイルなので、以下のコマンドで USB メモリに書き込みます。

bzcat /Volumes/ESXi-4.1.0-updat/imagedd.bz2 | dd of=/dev/disk2

dd の作業は20分位かかりました。ちなみに ctrl+t を押すと進捗状況が表示されます。

/Users/tadashi% bzcat /Volumes/ESXi-4.1.0-updat/imagedd.bz2 | dd of=/dev/disk2
load: 0.20  cmd: dd 17397 uninterruptible 0.50u 7.79s
981865+0 records in
981864+0 records out
502714368 bytes transferred in 733.246830 secs (685600 bytes/sec)
1843200+0 records in
1843200+0 records out
943718400 bytes transferred in 1376.793635 secs (685447 bytes/sec)

3.5 から 4.1 へ移行

    1. 新PCに、ESXi 4.1 を入れ設定をした後、ESXi 3.5で使ってた HDD をつなぎ変えます。設定は、パスワード、IPアドレスsshでの接続許可の設定をしときました。
    2. 管理用PCから、vSphere Client で ESXi 4.1 に繋ぎに行くと、新しいバージョンがあるから入れなさいと良しなに処理されます。らくちんです。
    3. [構成]-[ストレージ]からデータストアの参照をして適当な vmxファイルを「インベントリーに追加」で追加します。ゲストOS起動すると以下のメッセージがでるので

Question (id = 0) : msg.uuid.altered:This virtual machine might have been moved or copied.
In order to configure certain management and networking features, VMware ESX needs to know if this virtual machine was moved or copied.
If you don't know, answer "I copied it".

こんな感じでmove itを選ぶ

あと、いつもやり方&やるのを忘れがちな手順をメモ

ESXi へのストレージの追加

[構成] - [ストレージ] から、右上あたりにある「ストレージの追加...」をクリック

自動起動の設定

[構成] - [仮想マシン起動/シャットダウン]から、自動起動したいゲストOSを設定

時刻の設定

[構成] - [時間の構成] から、NTPサーバーを time.nist.gov あたりへ設定