読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Λάδι Βιώσας

http://profile.hatena.ne.jp/kenkitii/

ゴールデンウイークの怖い話

今年のGWは出かける予定も休みもなく通常通りお仕事と家族の面倒を見ていました。そんな中、大阪に住む妹が甥っ子と姪っ子を連れて我が家に遊びに来ました。

今年小学1年生になったばかりの甥っ子、家ではテレビ及び電子機器の類は一切禁止されているせいか、わたくしの仕事場にならんでいるマルチモニタ&パソコンに大変な興味を示しました。せっかくの機会だからと甥っ子をPCの前に座らせ、幻想即興曲でも弾くかの如き勢いでキーボードを叩く甥っ子をしばらく眺めていたところ・・・

甥「これはなにする機械なの?」
私「色々な事ができるけど(がちゃがちゃやってるキーボードを指さして)これでお手紙かけるよ」
甥「ひらがな全部読めるよ!お手紙かきたい!」
私「へー6歳のくせにやるな!好きなようにパソコンいじって良いよ」(←フラグ)

IMEをカナ文字入力に切り替えメモ帳を立ち上げ、バックスペースとエンターキーの使い方を教えるとあっさり文章をうちはじめた。こどもってすげー理解力だなぁなぞと思いながら、仕事場に甥っ子を放ったらかし、小一時間ほど一人で遊んでいたでしょうか、家族への手紙を書きえたというので、適当に印刷し「コレにいれて渡しな」と封筒を3つあげました。そんな感じで、甥姪とのGWを満喫し、帰るときは地元駅まで送って行き涙ながらのお別れをしました。

・・・とまあ、ここまではよくあるほのぼの系のお話。

さて、わたくし、ペーパーレス化を目指し、ここ三年ほど紙ベースの書類は全て、ScanSnap で処理していました。仕事雑用の書類以外にも、買った本なども裁断して自炊PDF化をしています。一年に100冊は電子書籍化してるでしょうか。

で、連休明けてたまった書類を片付けようかな~と思い、取り込んだ PDF 保存先の ScanSnap フォルダを開いたわけです。

f:id:kenkitii:20150515130041p:plain

あれ・・・?あーScanSnap フォルダは Drobo 上に作ってあるから、Drobo がスリープ状態なんだな。よし他のフォルダを見てみよう、カチリ、おう、スリープからちゃんと復帰してるな、じゃもういちど ScanSnap フォルダを開いてと・・・カチリ

f:id:kenkitii:20150515130041p:plain

・・・(1分程固まる)

2,300冊の電子書籍と3年分の書類が綺麗さっぱり消えていました。

こういう話って、仮に、自宅の離れにある建物を書類倉庫にしている人がいて、そこにある数百冊の本と書類が火事で一晩にして消失した場合、「うわーそれは大変だね~」なんて同情してもらえそうな気がするのだけど、電子データの場合、数GBの書類が消えたと話しても「あそう(天皇陛下風に)」としか思ってもらえないのが悲しいところ。

てわけで仕事がたいへん滞っておりすみませんという言い訳の日記でした。