読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Λάδι Βιώσας

http://profile.hatena.ne.jp/kenkitii/

ラスベガスをぶっつぶせ

Cinema


とある掲示板でお勧めされていたので見てみました。米MITの学生ブラックジャックチームが、数学的才能を駆使してラスベガスで勝ちまくる、、、という内容です。

数学的、、、ってところに惹かれて見てみたものの、その部分に関しては期待外れだったかなぁ。劇中でカードカウンティングって技術が出てくるんですが、何もMITの天才じゃなくても、多少記憶力がよければ普通に出来そう(自分にゃ無理ですけど)。
で、そのカードカウンティングも、若干プレイヤー側の勝率が良くなる戦術ってだけなのに、映画では勝ちまくってヤッホー!!状態のところにちと違和感を感じました。

と、まぁそいう細かい突っ込みはあるものの、普通に面白かったです。以下、ネタばれ含むので見た方だけどうぞ。

ラスベガスとボストンの往復生活を続けてるうちに、勝負に熱くなって大負けし、教授にチームの解散させられカジノのセキュリティにボコられ、MITの卒業からハーバード大学医学部入学、今まで稼いだ金すべてを無くしてしまう、、、ってところはかなり精神的にきましたなー。自分があの状況におかれたら、ちと立ち直れそうにない。まぁ実際には、ローレンスフィッシュバーンのおっさんとの取引があったので、絶望的な状況ではなかったわけですけど。

あと、ストーリーとは関係ないですけど、ジル役の女優さんの後半の格好(上の写真の左側)が、この頃の林檎嬢に似てて萌えました。こんな感じの頃↓

うーんセクスィー。。。