PRIMERGY MX130 S2を買った話

とある格安サーバースレを眺めていたら、静音サーバーの MX130 S2 台数限定キャンペーン中だよ~、との書き込みが。ありのままその時起こった事を話すと、脊髄反射でポチってしまいました。

その後冷静になり「やべー、これ要らない」と思ったものの、NTT-X は注文キャンセル不可なのであった。そんなわけで毒を食らわば皿まで精神を発揮し、色々いじった記録です。

CPU を Opteron に換装&メモリ増設してるところ↓
f:id:kenkitii:20140929160117j:plain

こんなスペック↓になりました。
f:id:kenkitii:20140930183051j:plain

さて起動してみると、静音サーバーを謳ってるのにフロントファン爆音。どうやらマザボチップセットヒートシンクが爆熱になるせいらしい。ていうか触ってみたら熱すぎて触れない(←触ってる)。

f:id:kenkitii:20140930183348j:plain
アルミ洗濯ばさみを使って放熱する方法が一番手軽そうだったので試したところ↑、ホントに静かになった。アルミ洗濯ばさみ恐るべし。
参考にしたサイトm(_ _)m:PRIMERGY MX130 S2 のファンうるさいっ!! » かけまわる子犬。

かかった費用↓

パーツ 商品名 金額
PC PRIMERGY MX130 S2 15,800
CPU AMD Opteron 3280 16,100
Memory Transcend JetRam PC3-12800 16GB 17,764
Sound Sound Blaster 5.1 VX PCI SB-5.1-VX 1,609
etc 早川工業 アルミクリップ 1,112
合計 52,385

2013年明けに自作した Xeon サーバー機もこんなスペックでこんくらいの金額だったような。。。あんまりお買い得感のない今回のお買い物でした。

ACUBE E6760 6xDVI と DELL U2414H 買いました

今まで、仕事場のPCには3枚のビデオカードを指し、6枚のモニタを使ってました。が・・・「もっとたくさんのモニターを!!!」と思いたち、ACUBE E6760 6xDVI を買ってつけました。(コレ→ACUBE E6760 1GB 6xDVI FAN PCI-EX16 - Server - 製品情報 - 株式会社エーキューブ

ちなみにモニターは噂の世界再細ベゼルという DELL U2414H を2枚追加しました。コレ↓


で、現在の職場のPC環境はこんな↓感じに。ちなみに4番と6番が U2414H です。
f:id:kenkitii:20140830180301j:plain


てわけで、U2414H を縦2枚並べて映像再生した動画を録画してみました。

フッフッフッ、このグラボのおかげででまだあとモニタ2枚追加できるようになった。まだまだ戦えるぜ!

翌日の25日移動平均価格を予想するスクリプト

作ってみたけど使えなかったシリーズ。株価チャートを見ていて、明日の25日移動平均線はどのくらいかな~なんて思った時、今まではチャート上に線を引いて、ここらへんかな?などとやっていましたが、その作業がめんどくさくなったのでスクリプトを書いてみたものの、いまいち使えなかったので公開してみます。(←するな)出力結果はこんなんでます↓

D:\Dropbox\bin>ruby predict_avg.rb -c 9424
日本通信(株)の翌日の25日移動平均線予想    952.299
  +------------+--------------+------+------------+
  | 日付       | 25日移動平均 | 終値 | 25日乖離率 |
  +------------+--------------+------+------------+
  | 2014-07-18 |    935.920   | 1061 |     13.364 |
  | 2014-07-17 |    920.840   | 1012 |      9.900 |
  | 2014-07-16 |    907.760   | 1034 |     13.907 |
  | 2014-07-15 |    892.760   | 1092 |     22.317 |
  | 2014-07-14 |    874.600   | 1050 |     20.055 |
  | 2014-07-11 |    859.040   | 1022 |     18.970 |
  +------------+--------------+------+------------+

 ソースコード

 どうぞご利用ください

VBScript で外部ライブラリを読み込む

VBScript を書いていて、外部ライブラリを読み込みたいなーと思ったことはないでしょうか。hoge.vbs から、foo.vbs の関数を呼び出したいみたいな。

wsf で書けば良いのだけど、ruby みたいに手軽に require したいなーなんて方向けです。

hoge.vbs で自前の require 関数を作っとくという安易な方法。どーぞご利用ください。

最近のスマフォ事情

何故か手元に3台のスマフォがあります。写真左から isai LGL22(の箱)、ARROWS ef FJL21、 Xperia Z1 SOL23 です。

f:id:kenkitii:20140611162159j:plain

なんでこんなことになっているのかというと、消費増税前買い換えた、au スマフォ(LGエレクトロニクスの isai LGL22)を紛失したのであった。それも家の中で。どーーしても見つからない。au のショップに行ってとりあえず代替機(ARROWS)を借りてきて当面しのいだもののやっぱり見つからず、つい先日、おニューの Xperia Z1 を買ったのであった。

Google 連絡帳や、Google Play に記録されてるマイアプリのおかげで、複数台のスマフォを切り替えても、なーんのストレスもなく以前と同じ環境が構築できるのは素晴らしいなあなんて、いまさらですが思いました。

 

が、しかし・・・

 

パズドラやモンストのゲームデータが消えてしまった・・・。そこまでやりこんだわけじゃないけど、ゼウスとアーサーを極にしたアカウントがーーーー。ううっ。みなさん万が一のときのためにゲームデータのバックアップ&IDを控えておくことをおすすめします。

 

 

 

懐かしの本

ブログの更新が滞ってしまいました。諸々の事情で、自宅の本棚に置きっぱなしにしてあった古本を一気にスキャンスナップで処理してパソコンに取り込みました。特にブログネタもないので、取り込んだ古本の紹介をしてみます。

プログラミングを覚えるのに読んだ最初の本、1982年に発売された、すがやみつるの「こんにちはマイコン」↓です。

f:id:kenkitii:20140606163802j:plain

元の本は裁断機でばらして捨ててしまったのだけど、アマゾンのマーケットプレイスで見たら 4,5千円の値段がついてた。もったいなかったかな・・・。

 

お次は、現役女子高生のゲームプログラマーという設定(?)の高橋はるみの本。

f:id:kenkitii:20140606164311j:plainf:id:kenkitii:20140606164337j:plain

本書では、なぜかお風呂に入ってる描写が多くて、読者サービスなんだろうなぁなんて思いながら当時は読んでました(←やな子供)。ゲームライブラリーの方では、一画面プログラミングが勉強になりました。有名なあるけあるけゲーム↓

f:id:kenkitii:20140606164809j:plainf:id:kenkitii:20140606164835j:plain

1983年のベーマガと、1986年の I/O の表紙↓

f:id:kenkitii:20140606165011j:plainf:id:kenkitii:20140606165204j:plain

高校生当時は、X1ユーザーだったので、Oh! MZ を愛読してました。

f:id:kenkitii:20140606165514j:plain

この当時はまさかソフトバンクがロボットの販売をはじめるとは想像すらしてませんでした。

 

・・・というオチもなんにもない古本の紹介でした。

 

確定申告終わった

ずいぶん前に開設した楽天証券の口座、使わずにほっておいたら、特定口座みなし廃止になっていました。2013年の税制改正から特定口座みなし廃止制度の廃止(ややこしい)になったため今後は特定口座が廃止されることはないですが、2013年以前の口座をほったらかしにしている方は一度確認されたほうがよいかもしれません。

 

さて、そういうわけで確定申告のため取引履歴の集計に使ったスクリプトと利用手順を、備忘録としてブログに残しておきます。ちなみに楽天証券のみの対応ですが、今後、気が向いたら他証券のものもつくるかも。

楽天証券から取引履歴のダウンロード

楽天証券にログイン後「商品別売買履歴」をクリックします。

f:id:kenkitii:20140312185544p:plain

 

次に「約定日」を指定して(ここでは2013年分)CSVファイルをダウンロードします。

f:id:kenkitii:20140312185729p:plain

ダウンロードしたファイルは、「tradehistory(JP)_2014xxxxxxxx.csv」という感じです。(xxxxには今日の日付が入ります。)

 

スクリプトで集計

昨年度中に決済した取引の集計が正しいかどうかを、各銘柄毎の購入株数と売却株数の数量を合計し差し引き0になるかどうかでチェックしています。

 

そんなわけで一昨年からの持ち越し銘柄、来年への持ち越し銘柄、または購入時から売却までの間に株式分割のあった銘柄があるとワーニングがでるようになっています。ワーニングが出たら、取引CSVファイルへ必要な取引を適当に追加・削除・修正した後、再度集計してください。


やっつけなコードになってるけどご勘弁。どうぞご利用ください。